リハビリテーションについて

リハビリテーション

心身の機能や構造に障害が生じ、生活に支障をきたした状態を医学的に改善しようとするあらゆる取り組みのことをリハビリテーションと言います。当クリニックのリハビリテーション科では、病気や障害、老化、スポーツ外傷、手術などによる機能障害について、最新機器による物理療法、理学療法士の指導のもとに行う運動療法によって機能の回復・改善を図っていきます。大きな怪我の後に行われるリハビリテーションでは、辛く感じられるケースもありますが、当クリニックでは楽しくじっくりとリハビリに取り組み、痛みからの解放を目指していきます。

このような方は当クリニックにご相談を

  • 肩の痛みが続いている
  • 腕が上がらない、上げるときに痛みがある
  • 手足が痺れる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • 関節が思うように動かない
  • スポーツ活動中に怪我をした
  • 手術を受け、痛みや運動障害が起こっている
  • など

運動療法

運動療法は、身体の様々な部位に生じた障害の回復を目指し、身体運動を科学的に取り入れていく治療法です。具体的には、全身調整運動(座位訓練、起立訓練などによって循環器系や筋力の回復を目指す)、関節可動域訓練(関節の可動域などを改善するための訓練)、筋力増強訓練(寝返り、起き上がり、立ち上がり、移動、歩行の機能回復)、持久力増強訓練(歩行訓練、エルゴメーターを用いて心肺機能や筋持久力を回復)、協調性改善訓練(視覚や聴覚によって運動方法を補助。大きな鏡を見て姿勢を矯正など)を行います。

物理療法

物理作用を加えることによって行う治療法です。具体的な方法としては、牽引療法、マッサージ、電気療法(低周波電気刺激)、温熱療法、などがあります。身体の麻痺や痛みなどが生じている部位に対して物理療法を行うことにより、つらい症状の回復が見込めます。