リウマチとは

リウマチ

リウマチは、本来なら病原菌などの外敵を攻撃するはずの免疫が暴走し、自分自身の体を攻撃してしまう病気です。主に手足の関節が腫れたり痛んだりします。炎症は関節だけにとどまらず、目や肺など全身に拡がることもありますし、微熱や倦怠感、食欲不振などの症状を伴うこともあります。病状が進行すると、骨や軟骨に小さな欠損部ができたり、関節の破壊や変形を来たしたりします。

リウマチになりやすい人

日本では非常に多くの方がリウマチに罹患しています。女性の患者様が男性の3~4倍と多く、発症するのは主に30~50代です。しかし、60歳を超えてから、あるいは高校生以下の若い年齢層に発症するケースも見られます。また、リウマチの発症には遺伝が関係することが知られています。ただ、家族にリウマチの患者がいるからといって、必ずしも発症するというわけではありません。

リウマチの初期症状

朝方に手足の指関節がこわばる、関節のあちこちが痛む、手足のしびれや痛みがある、といった症状が見られたときはリウマチの可能性があります。病気が進行するにつれて関節部の骨や軟骨が破壊されて変形が起こり、関節を動かせる範囲が狭くなってきます。全身的な症状としては疲れやすさ、脱力感、体重減少、食欲低下などがみられるようになります。治療開始は早ければ早いほど、関節破壊の進行を抑え、患者様の負担も少なく、回復を目指す事ができますので、上述のような症状に不安に思ったら、受診をお勧めします。

リウマチの治療

最近は免疫抑制作用によってリウマチを治療するメトトレキサートや、関節破壊の抑制作用に優れる生物学的製剤などを使用し、病気の進行を食い止めて関節が破壊されるのを防ぎます。しかし、薬物療法やリハビリを行っても痛みが和らがない場合や、関節障害のために歩行が困難になるなど、日常生活に支障が生じているときは手術が必要になります。具体的には滑膜切除術、人工関節置換術、関節固定術、腱移行術があります。

滑膜切除術は、関節を包む膜組織である滑膜を取り除くことにより、痛みなどの症状を改善させる手術です。術後は腫れや痛みが明らかに改善するので、薬の量を減らすことも可能になります。人工関節置換術は、リウマチの病状が進行して関節が破壊されてしまったケースで選択します。関節を人工関節に入れ替える手術であり、膝関節や股関節をはじめ、肩、肘、手首ほか、様々な関節に対応するものがあります。最近の人工関節は耐久性に優れており、再手術のリスクは減っています。

関節固定術は、壊れた関節を一つの骨にしてしまう手術です。指や手首、足首など、固定しても支障が少ない関節について行います。動かなくなるため、痛みが解消されて安定感も生まれますが、不便になるデメリットは避けられません。腱移行術は、手指の腱が切れてしまった際に行われる手術です。リウマチでは伸筋腱という腱が切断され、指が伸びなくなってしまうことがあります。こうした場合に、切れてしまった腱を他の腱に繋ぎ直して、再び指が伸びるようにします。